トラウマの改善策

カウンセリングを受ける

トラウマを抱えている人は、カウンセリングを受けるという改善策もあります。カウンセリングとは、わかりやすく言うと相談員、相談できる人ということです。もちろんカウンセラーとして専門的な知識と資格を持っていますので、特に精神的な面に関する適切なアドバイスをしてくれます。特に人間関係で悩んでトラウマとなっている人は、こういったカウンセリングを受けると打開策が見つかりいいかもしれません。

どうしても人間関係でトラウマを抱えてしまった人というのは、人を信じられなくなってしまい周りにいるすべての人が敵に見えてしまったりもします。また、友人に相談したくても、また裏切られるのではないか、バカにされるのではないかと思いなかなか相談できないものです。友人によってはそういったトラウマがあるとは知らずに「それくらいの事で悩むなよ」、「私に言われても何もできないよ」と突き放してしまう人もいます。そういった不安がある人は、親身になって考えてくれるカウンセラーに相談するといいです。

もちろんカウンセラーといっても所詮は一人の人間ですので、カウンセラーによっては自分に合わない人もいるかもしれません。そんな時にはまた別のカウンセラーに相談するといいかもしれません。

カウセリングというと、医療機関でおこなうのが主流だったのですが、最近では学校などにもカウンセリングルームやカウンセリングを専門とする施設も出来ていますので、トラウマで悩んでいる人は相談してみるといいです。