トラウマの改善策

年齢退行療法

トラウマの中には、なぜこういうトラウマを持つようになったのかわからない場合もありますし、自分自身でも気がつかないうちにトラウマとなっているというケースも少なくないようです。またその原因によってはあまりに衝撃的な事柄の為に記憶から抹消してしまったということもあり得るようです。トラウマを解消するには、そのトラウマとなってしまった原因が分からなければ対処法、改善策が見つからないものです。そのためにおこなわれる事がある方法に、「年齢退行療法」があります。

年齢退行療法とは、催眠療法の一つで年齢を徐々にさかのぼらせていき、自分では意識のない潜在意識の中にある記憶を思い出させ、そのトラウマとなっている原因を見つけ出すのです。特にどういった時にトラウマの症状が出てくるのかがわかっている時などには、有効と言われています。

例えば、水に対して極度の恐怖感を感じるという人は、年齢退行療法で探ってみると、幼いころに海でおぼれた経験があったり、親からの虐待で水に沈められたり、水をかけられたりしていたということが判明するケースもあるようです。

こういった年齢退行療法で、そのトラウマの原因が分かる事で打開策が見つかりますし、その原因が分かったというだけでトラウマが解消してしまうというケースもあるようです。また、時には誤った記憶をしていた事もわかったりもします。

年齢退行療法は、トラウマの原因が分からない場合などに使われる療法ですので、明らかに原因が分かっている場合におこなうと、その時の苦痛をまた再体験してしまう事にもなりますので、誰でもおこなっていい療法ではないので注意が必要です。