トラウマの基礎知識

PTSDとは

PTSD(Posttraumatic stress disorder)とは、心的外傷後ストレス障害のことで、自分が死の危険や命にかかわる体験をした場合に、その後に発生するストレス、トラウマの事を言います。こういったPTSDは、主に阪神・淡路大震災や先の東日本大震災を体験した人などにおこるトラウマや、事件や事故、暴行、脅迫などを体験した人などに多く発症するトラウマです。その症状の多くは、その出来事から3カ月以内に発症し、その場面を思い出すフラッシュバックや夜眠れなくなる不眠症、そういった事柄を回避するようになったりします。さらにそういったPTSDは、いつまでも忘れられなくなる為、精神障害を起こしたり、自己嫌悪、感情がなくなる、無気力になったりもしますし、その記憶を忘れようとアルコール依存症になったり薬物に手を出してしまったりする人もいるようです。

ですが、そういった事件・事故に遭遇してすぐにPTSDと診断されるわけではありません。事件や事故に遭遇すればだれでも少なからず精神的ショックを受けてしまうものです。それはASD(急性ストレス障害)と呼ばれ、時間がたつにつれて、徐々に回復していくものです。それが時間がたってもなかなか回復せず、1ヶ月~3ヶ月以上経っても解消されない場合にPTSDと診断されます。また、幼児の頃の虐待などは、1度だけでなく何回も継続して衝撃が与えられてしまいますので、通常のPTSDではなく、複雑性PTSDと呼ばれています。

東日本大震災でもおそらくPTSDと診断されてしまう人も少なくないはずですので、自分だけでなく周りにそういった病気と診断された人がいる場合には、それをしっかり理解し、適切なサポートをしてあげることが大切です。